[ご利用事例]NPO法人クッキープロジェクト 「おかし屋マーブル オンライン」様

cokkie_project_eyecatch

障がいのある人もない人も「まぜこぜ」になって暮らす社会を目指し、障がい者の社会参加の推進に関わる活動に取り組むNPO法人クッキープロジェクト様に、コミュニティコムショップのECサイト向け WooCommerce 専用 WordPress テーマ by Communitycomをご利用いただきました。

NPO法人クッキープロジェクト理事 谷居早智世様にコミュニティコムショップのWordPress(ワードプレス)テーマをご利用された経緯やご感想などを伺いました。

サイト作成前のお悩み

ECサイトがなく、電話や店頭での受注のみだった。

注文を受けて主に一人の担当者が発送作業をしていた。通販作業がマニュアル化できていなかった。

クッキーの販売が減少する夏に間に合わせるため、なるべく時間をかけずに手軽に作成したい。

カフェやクッキー販売店も運営しているのでSNS連携をしたい。

当ショップテーマ採用後

ECサイトを作ったことで、遠方の初めての方からの注文があった。

ECサイトを作ったことで、通販のマニュアルが整備できた

カスタマイザーに書いてある通りに入力して、本当にひとりで作成できた。

カスタマイザーから簡単にSNS連携することができた。

企業・団体名NPO法人クッキープロジェクト
URLhttps://cookiesproject.com/shop/
業種福祉作業所のクッキーを中心とした商品企画・開発と販路拡大
使用テーマECサイト向け WooCommerce 専用 WordPress テーマ by Communitycom

季節を問わず、幅広いお客さまにクッキーなど福祉作業所の作る商品を届けたい

cokkie-project_75

クッキープロジェクトが販売しているクッキーとは

2007年から活動している社会福祉団体(2016年NPO法人化)「NPO法人クッキープロジェクト」は、障がい者の方々が福祉作業所で作るクッキーを「かわいそうだから買ってあげる」ではなく、「プレゼントしたくなるクッキー」となるよう、福祉作業所の商品開発支援や商品販売を行っています。パレスホテル大宮の協力でシェフからのアドバイスも受けており、クッキーのレベルは年々高まっています。

そんな素敵でかわいいクッキーは、浦和コルソなどで開催するクッキー販売イベント「クッキーバザール」や埼玉県立小児医療センター(さいたま市中央区新都心1)内でクッキープロジェクトが運営している「おかし屋マーブル」や、北浦和のコミュニティーカフェ「マーブルテラス」(さいたま市浦和区常盤)で販売されています。

クッキーを売る場所を増やしたい

クッキー販売の悩みは「夏の時期にどう売るか」だそうで、暑い時期にはスイーツの中でもアイスや甘い飲み物が売れるため、クッキーの販売は少なくなってしまいます。

「夏に買ってもらえる商品を」と2018年から販売しているフルールゼリー「ジュエリーフルーツゼリー」。パレスホテル大宮のギフトに、東浦和の社会福祉法人みぬま福祉会のプロジェクト「工房集」のアーティスト・金子隆夫さんがイラストを描いたオリジナルリーフレットを合わせたオリジナルギフトです。夏のギフトとして好評ですが、より売れるためには、多くのお客様にその存在を知ってもらう必要があります。

さらに今回のコロナ禍で、おかし屋マーブルもマーブルテラスも客足が鈍っているほか、イベントでの販売もイベントのほとんどが中止となっている今、売り上げが見込めません。

谷居さん:売る場所がなくなり、商品の売上が落ち込めば、作業所で働く障害のある方々が受け取る賃金が、その分低くなってしまいます。なんとか販路を拡大できないものかと考えたことに加え、自粛で出かけられない皆さんが、会えない友達や親戚を思って「クッキーを贈りたい。それが作業所の応援になるのなら尚うれしい」という人がいるんじゃないかな、と思い、ECサイトを立ち上げ、ギフト商品の通販に着手しました。

実は以前にも、別のシステムを利用したECサイトがあるにはあったのですが、以前は仕入れても集積しておく場所がなかったためあまり活発には通販を行っていませんでした。今回、常設のお店を持ったことで安定的に商品を仕入れる環境が整った、ということも通販に力を入れようと思った大きな理由です。

そしてこの2号店(マーブルテラス)を設けたタイミングがコロナと重なってしまった、なんとか存続・持続できるように、今までは対面での交流が得意な私たちの概念にはなかった「オンラインしかない」といよいよ本格的に通販に取り組むこととなりました。

コミュニティコムショップのWordPressテーマを選んだ理由
~低コスト高パフォーマンス~

cookiesproject.com_shop
ポップでかわいいサイトが公開されています

そこで、クッキープロジェクトではECサイトの作成を決意。「夏までに作りたい」「サイト制作を外注せず自分たちで作りたい」「できるだけ手軽にでもきちんとしたECサイトにしたい」と思ったものの、少ない人数で多くの活動を行うクッキープロジェクトは、常に低コスト高パフォーマンスで活動をしています。では今回はどう始めれば?と悩んでいたところに、株式会社コミュニティコムの「ECサイト向け WooCommerce 専用 WordPress テーマ by Communitycom」に出会いました。

低コストで、自分たちのアイデアを盛り込みながら、良質なウェブサイトを短時間で作ることのできる、コミュニティコムショップのオリジナルWordPressテーマは、クッキープロジェクトのECサイト制作にぴったりだったそうです。

自分たちだけでECサイトを作成

クッキープロジェクトのウェブサイトも株式会社コミュニティコムが提供する無料テーマ「Saitamaテーマ」を使い、コミュニティコムショップを運営する株式会社コミュニティコム代表の星野邦敏の著作「いちばんやさしいWordPressの教本 第3版 人気講師が教える本格Webサイトの作り方」を読みながら谷居さんが作ったそうです。

コミュニティコムショップショップのエンジニア・デザイナーが手掛けたWordPress(ワードプレス)に関する書籍

cokkie-project_11

今回のECサイト作成はどうでしたか?

谷居さん:マニュアル通りに進めていったら作ることができました。カスタマイザーも分かりやすいです!

支払い方法のシステム(Stripe)との連携がやや難しかったので、そのあたりの説明がもう少しあると助かるかもしれません。マニュアルはネット上にあるのですが、ガイド本として手元で見られるものがあるとうれしいかも。また、自分でできたものの、Stripeとの連携などがきちんとできているか不安なので、確認してくれるサービスがもしあれば安心かもしれません。

作業自体は数日でできたので、助かりました!

ガイド本については、現在コミュニティコムショップで、「マニュアルのPOD(プリントオンデマンド)化」を進めています(有料販売)。作業をしながら、マニュアルが手元で見られるようになりますので、少しお待ちください!

谷居さん:デモサイトがとても素敵なので、出来上がりのイメージが沸き「こんなサイトが作れるんだ!」というモチベーションアップにもなりました。写真もとても素敵です。

といううれしいご感想もいただきました。実は、デモサイトの写真は、株式会社コミュニティコムのエンジニアが自分で撮影したものです。写真の個展を開くほどの腕前なんですよ。

ECサイトオープン後の反応 ~新しい顧客の獲得~

cookiesproject.com_shop2

2007年から活動しているクッキープロジェクト。地域のイベントにも多く出店し、さまざまなつながりもあり、クッキーのファンも多くいます。ギフトやクッキーの発注を受けることも多いそうですが、知人や友人から電話やメールで直接受注することが多かったそうです。

今回のECサイトの開設の目的は「販路の拡大」。実際にECサイトをオープンしての反応はどうでしょうか?

谷居さん:遠方から初めての方が注文してくださりました。このような新規の顧客が獲得できるのはECサイトならではだと思います。本当にありがたいです。

今後、ECサイトで実現したいこと

谷居さん:素敵なECサイトができたので、ギフトのマンスリー企画を定期化していきたいです。できたら毎月やっていきたいですね。おいしいクッキーたちなので、多くの皆さんに知っていただき、食べていただきたいです。

谷居さん、クッキープロジェクトの皆さん、今回は株式会社コミュニティコムショップのオリジナルWordPressテーマ「ECサイト向け WooCommerce 専用 WordPress テーマ by Communitycom」をご利用いただきましてありがとうございました!

新着・おすすめ・人気商品など、さまざまな商品表示が可能

クッキープロジェクト様で使用したテーマ